RSS

広島県広島市

2_2016010821094205e.jpg
2015年11月15日(日)  13:00~15:00

主催:特定非営利活動法人子どもネットワーク可部・安佐北区役所地域起こし推進課

会場:広島市安佐北区民文化センター 大会議室

演題:「地域で育む子どもの育ち」

講演会に先立ち「てらやまプレーパーク」を訪問。
生憎の雨で、子どもたちが遊んでいる様子は見られませんでしたが、その分、てらやまプレーパークおよび同じ広島市内のもとまち自遊ひろばのみなさんとじっくり、意見交換をすることができました。

2_20160108224016fdd.jpg
遊びによって子どもたちがどんなものを培っていくのか、遊び場があることは子どもたちにどんなことをもたらすのか、そして、そんな遊び場で大人はどんな思いでどんな風に子どもたちとの日々を重ねていったらいいのか、11年の活動の中で子ども・若者から学んだことをお伝えしました。

2時間の講演会終了後、有志による質疑応答の会を設定。

3_20160108224018836.jpg

主にお伝えしたのは、とにかくいろんなことの判断基準が子どもとそのことで出会えるか、関わり続けられるか、だということ。
声を掛ける・掛けない、イベントをやる・やらない、遊びの輪に加わる・加わらない、などなど、自分が楽しいかとか、自分が満足か、とかではなく、そのことで子どもとの関係性がより良くなるか、あるいは子ども同士の関係性がより良くなるか、それを常に意識しています、と。
そして、遊びによって、子どもたちをこんな風に発達させてやろうといった目的・目標は掲げない、ということも。
遊びでは確かに協調性、勤勉性、社会性、創造性…あれこれいろいろ培うことができるだろうけど、それはあくまでも結果だから。
たくさんの質問にお答えすることで、自分たちが大事にしたいことの再確認ができました。

また、協働されている広島市役所の担当職員さんが現場にも足を運び、懇親会にも参加され、本当の意味で「協働」をされていることが印象的でした。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

最近の様子です

地域別の整理です

こちらも見てね

コメント(「見たよ」だけでも大歓迎)

ブログ内検索