RSS

すいません…お手盛りなプロフィールですが…。

渡部達也(わたなべたつや)
NPO法人ゆめ・まち・ねっと代表。

1965年11月10日、静岡県三島市生まれ。保育園から高校(沼津東高校)までは同県裾野市在住。茨城大学人文学部(現代政治学・行政学専攻)を経て、1988年、静岡県庁入庁。

まちづくりという夢を追い求め16年余務めた静岡県庁を2004年夏に中途退職。静岡県富士市に移住し、同年秋、NPO法人ゆめ・まち・ねっとを愛妻・美樹および賛同する仲間とともに設立。夫婦で「たっちゃん」、「みっきー」の愛称で子どもから大人まで親しまれながら、子どもの遊び場づくり・若者の居場所づくりを中心に大人の共感の輪も広げるべく活動中。

県庁では児童相談所ケースワーカーや富士山こどもの国の設立・運営、国体および全国障害者スポーツ大会の広報などに携わったほか、(財)静岡経済研究所派遣研究員なども経験。県庁職員時代から私的な活動として地域での子どもたちの遊び場づくりにも関わり、静岡県内8市町で冒険遊び場の立ち上げを支援。
(美樹は看護師として重度心身障碍児施設等に勤務。)

NPO法人ゆめ・まち・ねっとは、平日は空き店舗を活用した「子どものたまり場おもしろ荘」での活動が中心。放課後の子ども・若者に居場所を提供する「まちなか保健室」、中高生向け個別学習支援「寺子屋」、関係性の貧困に陥りそうな子ども・若者と出会うための「こども食堂」等を開く。
また、大人向けに開催している「子育て勉強会ワンコインゼミ」は180回を数える。

週末は公園と川で「冒険遊び場たごっこパーク」を開催。主題は「心が折れるより、骨が折れるほうがましだ」。木登り、川遊び、火遊びなど子どもたちに自由な遊び場を提供。5年、10年と通い続けて若者になっている者も少なくなく、居場所にもなっている。

活動日以外にも、活動を通じて出会う、生きづらさを抱えた子ども・若者と向き合うことが多い。自宅でも常時、1人~数人の社会的養護を必要とする子ども・若者と寝食を共にし、2015年3月には「子ども若者シェアハウスむすびめ」を開設。
さらに2016年8月、「むすびめ」を巣立った若者や親元を離れて自立に向けた生活を希望する若者たちのために「若者自立応援ホームはばたき」を開設。

こうした「子どもの遊び場、若者の居場所」を切り口にしたユニークなまちづくり活動は、日本テレビ「ミヤネ屋」(2008年)、NHK「おはよう日本」(2012年)、テレビ東京「がんばれプアーズ」(2013年)で特集が全国放映されたほか、静岡県内の民放テレビ、新聞でもたびたび特集で取り上げられたり、ラジオ番組にコメンテーター等として呼ばれたりしている。朝日新聞(全国版)では2014年夏、生きづらさを抱えた子ども・若者10人と重ねた日々が12話連載で紹介され、大きな反響を呼ぶ。

地域での活動のほか、全国各地での講演活動や住民主体の遊び場づくりのお手伝い、大学生や若者の実習受け入れ、様々な立場の大人の視察受け入れなどに対応。

東日本大震災以降は福島、宮城、岩手へ16度出向き、子どもの居場所づくりに取り組む現地の人たちをささやかながら応援し続けている。

情報誌からの寄稿依頼も多く、月刊「社会教育」、月刊「体育科教育」、季刊「ユニバーサルデザイン」、季刊「臨床心理学」等にも小論を寄稿。2009年には静岡新聞で3ヶ月、コラム連載、2013年度には日本教育新聞で1年にわたりコラム連載。2011年10月からは読売新聞静岡版にてコラムを連載。現在は子育て支援情報誌「げ・ん・き」でコラム連載中。

2006年、安藤スポーツ・食文化振興財団(日清食品系)の「トムソーヤスクール企画コンテスト」において、全国最優秀賞の『安藤百福賞』受賞。2011年、「あしたのまち・くらしづくり活動賞」(読売新聞、NHK、 (財)あしたの日本を創る協会など主催)において、『総務大臣賞』受賞。

そのほか個人的に静岡県庁事業仕分け委員や富士市立高校PTA会長、民進党代表選(2016年)ゲストスピーカーなども務めた。

座右の銘「粗にして 野だが 卑ではない」
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

最近の様子です

地域別の整理です

こちらも見てね

コメント(「見たよ」だけでも大歓迎)

ブログ内検索