RSS

静岡県伊東市「コツをつかんで挑戦!助成金申請書作成講座」

伊東助成金獲得講座

主催:いとう市民活動支援センターPal
「コツをつかんで挑戦!助成金申請書作成講座」
2006年11月5日
会場:いとう市民活動支援センターPal

 各地で講評をいただいている助成金獲得講座。過去4回(清水、浜松、沼津、下田)は参加者が多い中での、総論的な講義とワークショップをやってきました。今回の伊東では、センターの事務局長・都甲さんが参加者を絞って実践編をということでの開催となりました。
 昼の部5組、夜の部8組の参加で、それぞれ3時間、みっちりと講義。ここ3ヶ月くらいで締切になる助成金何本かにターゲットを絞り、ゆめ・まち・ねっと流の工夫を伝授させていただきました。 合間、合間に助成金獲得のポイントだけでなく、市民活動団体を運営していくということはどういうことなのか、どんな風に市民を巻き込んでいったらいいのか、ということもお話をさせてもらいました。
 終了後、助成金獲得講座そのものに対する好評をいただいたほか、「活動のための元気をいただいた」、「こんなことをやってみようかなというヒントをたくさんもらった」という感想もいただきました。
 とにかく皆さん、熱意がありました。助成金獲得でさらに各団体の活動が広がり、そのことで、伊東のまちがが元気になれば嬉しいなと思います。
 昨日に引き続き、ここでもゆめ・まち・ねっとオリジナルTシャツを5人の方に購入していただき、活動紹介DVDもお一人、購入していただきました。共感いただきありがとうございました。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
33: by たっちゃん@ゆめ・まち・ねっと on 2007/03/05 at 23:55:18 (コメント編集)

トコーさん、またまたの嬉しい報告をありがとうございます。
どんな活動で申請をしたんでしょうね。
こうしていくつか助成金がもらえるところが出てくると、もらえた人たちが事例報告者となって、「私たちはこんなところを工夫しました」という会を催せそうですね。

32: by トコー@Palさん on 2007/03/03 at 22:40:12

こんばんは トコー@Palです

講座参加団体から「日本財団から採択内定の連絡がありました」
との電話をいただきました。うれしい~。
たっちゃん&みっきーさん ありがとう!

詳細がわかりましたら、また報告します。

24:嬉しい by たっちゃん@ゆめ・まち・ねっと on 2007/01/25 at 20:04:19

トコーさん、書き込み、ありがとうございます。
今回は自分たちが採択されたことも嬉しいですが、申請の書き方のコツを助言させていただいた団体さんも採択されたことが、なお、嬉しいですね。
でも、助成金は、採択されたあと、それをきちんと活かして市民に還元することが大切。
おもしろい活動を地域の子どもたちにお届けしたいと思っています。

23:連合愛のカンパ by トコー@Pal on 2007/01/19 at 15:07:46

こんにちは 
「ゆめ・まち」連合・愛のカンパ助成金採択おめでとうございます。こちらも、講座に参加した団体の提案事業が1件採択されました。たっちゃんとみっき~さんのご指導のおかげです。ありがとうございました。
それにしても県内2件師弟共々なんてステキ!

第2弾やってみたくなっちゃいました。また、是非、ご協力お願いしま~す(^^)

16: by トコー@Pal on 2006/11/22 at 19:12:33

きょう、2団体が「キリン」に応募しました。申請書案を一緒に読み合わせしたほか、推薦文を書かせていただきました。「書こう」「書かなきゃ」と思っても実際に踏み出すのは結構大変です。2団体のガンバリが、とっても嬉しいです。チャレンジする意欲を掻き立ててくれた、たっちゃんとみっき~さんに大感謝!!です。

15: by たっちゃん@ゆめ・まち・ねっと on 2006/11/15 at 17:01:38 (コメント編集)

参加者アンケート(感想)をいただきました。
・助成金の申請をしてみようと思います。
・面白くて参考になりました。ありがとうございました。
・実践的な話でしたので面白かったです。
・ポイントがよくわかった。
・勉強になりました。ありがとうございました。
・いろいろチャレンジしてみます。
・具体的でいい。
・自分たちでもっと勉強して利用してみようと思います。

みなさんにとても喜んでいただき、嬉しいです。ありがとうございました。

12: by たっちゃん@ゆめ・まち・ねっと on 2006/11/15 at 16:53:32 (コメント編集)

 川奈のワンちゃん、マーレスポーツCさん、トコー@Palさん、嬉しいコメントをありがとうございます。
 新聞を開くと、本当に切なくなる記事ばかりです。それぞれの立場で市民活動ならではの取り組みを継続していって、少しでも明るいニュースを社会に届けられるようにしていきましょう!

11: by トコー@Pal on 2006/11/15 at 16:49:43 (コメント編集)

 帰り際の参加者みなさんの顔は希望に満ち満ちていて開催してよかったと思いました。すべてお二人のおかげです。

 こちらとしては「あとは、実際にチャレンジしていただけるよう祈るばかり」ではなく、ご希望があれば、読み合わせをするなどお手伝いできればと思います。

 Palのメンバーにはあらかじめ、「来られない団体にアドバイスできるように、自分の所属団体を例に勉強してください」と話していたのですが、所属団体の助成金ゲットに動き出したメンバーも・・・(^^;
 もちろんそれが、アドバイスにも役立つのですから良いのですが、「(本音を言うと、)こんなにスゴイ講座だと思わなかった!(所属団体のメンバーをもっと強引に誘っておけばヨカッタ・・・)」ということのようです。

10: by マーレスポーツC. on 2006/11/15 at 11:30:58 (コメント編集)

先日はありがとうございました。
先日の講義では、お金のことよりも、たっちゃん^^の行動力や考えの方に感心したって感じです。

ブログ拝見しました。
そうなんですよね、誰でも何処でも楽しめちゃうんですよね、サッカーって。
いろいろ考えてみます。

9: by 川奈のワンちゃん on 2006/11/14 at 11:19:20

本当に楽しいためになる講座でした。ヒントになることがいっぱいで混乱するくらい。友達に教えたいこともいっぱい。お金のない組織にいると、どんどんかしこくなって、いかなくては。
息子(中学3年)が小学校2年生からおせわになった「富士見ファイターズ」ノコーチであった、土手本コーチ(元ダイエーホークス選手)の言葉「加田さんね。勝つ野球をやれといわれれば、やるよ。でも辞めるやつが出てくるよ。ぼくは、野球をきらいになってもらいたくないから、将来も野球を続けてほしいから、それなりにやらせるよ。父兄には、そういう意味でがましてもらうよ。といって勝つための野球を最後でやらせませんでした。おかげで、キャッチボールも満足にできないやつが、一人前になって、親父が腰をひくような球をなげるように、6年卒業の時はなっていました。中学になっても、野球をつづけ、レギュラーにはならなくても、くじけず、高校でも硬式をやる気です。」残念ながら土手本コーチは、心筋梗塞で6年卒業の時急逝しましたが、彼の教えた、同級生5人組は今後も野球を続けそうです。」
 何か「たっちゃん」の言葉に興奮してまだ寝れそうにありませんが、明日早速、市民劇場の事務局に報告し、「幸せの黄色いレシートキャンペーン」から挑戦してみよう。
 本当にありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

最近の様子です

地域別の整理です

こちらも見てね

コメント(「見たよ」だけでも大歓迎)

ブログ内検索